入試センターの取り組み

「令和元年度 島根大学 教育・入試懇談会」を開催しました

公開日 2019年10月24日

 島根大学は,1017日(木)に松江キャンパスで教育・入試懇談会を開催しました。

学外からは島根県教育庁 教育指導課長のご臨席のもと,島根県内37校の高等学校の校長,学内からは服部学長ほか35名の参加により開催しました。この教育・入試懇談会は島根県公立高等学校長協会,島根県私立高等学校長会,島根大学の三者が主催するもので,高校と大学が教育及び入試について,テーマを掲げて意見交換をするものです。

 第I部では,高校生と大学生がプレゼンテーションを行いました。発表した大学生は島根県内の高等学校の出身者です。高校生,大学生ともに,緊張しながらも生き生きと発表していました。その後の質疑応答においても,自分の言葉で丁寧に応答していました。高校生の取組みや大学生の成長に対し,参加者からは励ましの言葉や温かいご意見をいただき,高校生,大学生にとっては達成感が持てる時間になったと思います。

【高校生の発表テーマ等】

 

所属

発表テーマ

1

松江北高等学校

1年次の各自の取組と,2年次のチームでの取組「天神町の商店街で,若い人にも利用しやすい環境をつくり商店街の活性化につなげる」

2

松江南高等学校

「吸盤面積と耐久重量の関係」

3

松江東高等学校

「松江城マラソンを東京の20代・30代に売り込むには」

(「東高のCMをつくろう」の放映も含む)

4

松江商業高等学校

「ちゃ・ちゃ・ちゃ・お茶~松江のお茶再発見~」

5

松江工業高等学校

「野菜の栽培 自動制御」

6

松江農林高等学校

「玉湯温泉の癒し空間の創造~美肌のまちにホタル光る~」

【大学生の発表の様子】

1017_1.jpg   1017_2.jpg
法文学部の学生   教育学部の学生
1017_3.jpg   1017_4.jpg
人間科学部の学生   総合理工学部の学生
1017_5.jpg   1017_6.jpg
生物資源科学部の大学院生   COC人材育成コースの学生
(総合理工学部)

  第II部では,「学力の3要素を多面的・総合的に評価する入学者選抜の在り方」をテーマに,島根県立松江東高等学校の野々村校長,島根県立出雲工業高等学校の宇津校長,本学の武田教育・入試改革担当副学長をパネリストとするパネルディスカッションを行いました。パネリストの発表後は,参加者からパネリストの方への質問を多数いただき,これからの評価の在り方や入学者選抜の在り方について考える機会となりました。ご参加いただいた皆様,ありがとうございました。

1017_7.jpg   1017_8.jpg
1017_9.jpg   1017_10.jpg
パネルディスカッションの様子

 

 

お問い合わせ

大学教育センター(アドミッション担当)
電話:0852-32-6625
入試企画課
電話:0852-32-6073
| | | |
copyright (c) 2008~ shimane university. admission center all rights reserved.