入試センターの取り組み

授業大学(於島根県立三刀屋高等学校)を行いました

2018年11月9日

  114日(日)に島根大学の学生49名が島根県立三刀屋高等学校を訪問し,1年生全クラス(5クラス)で,「大学」をキーワードに100分間の「授業」を行いました。

 今回の「授業」は,「人との交流を通して様々な「知識」を得る」ことを目的として実施しました。

 この授業を通して,大学生と高校生,高校生同士が「交流」し,文系,理系に関する「知識」や大学生の話から得られる学問に対する姿勢や考え方などの幅広い様々な「知識」を得ることができるように大学生がプログラムを工夫しました。

 授業終了後の高校生の感想には,「目的を持つことが大切だと思った」「「好き」を極めて楽しく勉強をしていけるようにしたいです」「今までは理系に進むとついていけなくなると思って,文系にしていたけれど,大学生の話を聞いてもう一度ちゃんと考えるいい機会になりました」等がありました。

 今日の100分の時間で触れ合った大学生の姿を通して,高校生が自分の未来の姿を考える一助になってくれるといいと思います。

11_4_1.jpg        11_4_2.jpg
アイスブレーキング   大学生による文系・理系の説明
11_4_3.jpg   11_4_4.jpg
大学生への質問タイム   高校生のワークシート

 

              

| | | |
copyright (c) 2008~ shimane university. admission center all rights reserved.