入試センターの取り組み

松江農林高校を視察訪問しました

2018年1月22日

 1月15日(月),武田副学長,学部教員,アドミッションセンターの7名で,本年度2校目の専門高校視察訪問となる島根県立松江農林高等学校を訪問しました。今回の訪問は,前回と同様平成33年度入試改革における本学の入学者選抜おいて,専門高校からの入学者受入方法を教育・入試改革特別委員会で検討していることから,直接高校現場に出向き,授業,施設の見学及び高校教諭から直接現状をお聞きし,検討の参考とするものです。

 当日は吉川 靖校長はじめ進路指導部の先生方から,取り組み紹介,授業や施設見学について案内があり,生徒が積極的に授業に取り組んでいる様子を窺うことができました。

 吉川校長からは,生物生産科,環境土木科や総合学科3系列2クラスの食品科学,福祉サービス,地域クリエイト系列の内容と特色の説明があり,地元就職を希望する生徒の育成を目指した実践的,専門的な学習支援体制を敷き,卒業生を送り出しているが,今後は専門分野を究める生徒のために,高校教育から大学教育へ繋がる現行の専門高校枠の更なる充実も含めた入学者選抜の改善について強いメッセージが発せられました。

 次回は情報科学高校への訪問を予定しています。

 1_17_1.jpg    1_17_2.jpg
 意見交換の様子   介護実習の様子
 1_17_3.jpg    1_17_4_.jpg
体細胞分裂の観察   白ねぎの出荷実習

 

     
     
     
     
| | | |
copyright (c) 2008~ shimane university. admission center all rights reserved.