入試センターの取り組み

「平成29年度 出身高等学校訪問報告会」(松江キャンパス)を開催しました

2017年12月18日

  128日(金)に松江キャンパスで,「平成29年度 出身高等学校訪問報告会」を開催しました。出身高等学校訪問は,学生が夏季休業期間等を利用して母校を訪問し,本学の魅力や自分の学生生活を後輩や高校教員に伝えることを通して,企画力・構想力やプレゼンテーション能力等を高めることを目的に実施しています。また,この報告会は,学生が訪問の体験を共有し,活動の意義を確認するとともに,教職員が学生と懇談することで,学生の活動についてより深く理解する機会となっています。

 松江キャンパスでは,4学部から9名の学生が出身高校を訪問し,報告会には8名が参加しました。学生から「自分が高校生の時には,直接大学生から話を聞く機会がなかった」,「当日は視覚に訴えることやメッセージ性の強い言葉を使うよう工夫した」等の報告がありました。また,この活動を通して,「島根大学は自分を高められるチャンスがある大学だと気づいた」「大学に通う意義を改めて考えなおす機会となった」「どうして島根大学を選択したのか初心に帰って考えた」等,学生が自身の大学生活を振り返る機会にもなったようです。

                  

houkokukai11.jpg   houkokukai2.jpg
 学生による報告の様子

                                         

     

 

 

| | | |
copyright (c) 2008~ shimane university. admission center all rights reserved.