入試センターの取り組み
 センター活動報告 2017年5月 

平成29年度「地域貢献人材育成入試面談会」参加職員研修会を開催しました

 アドミッションセンターでは,5月31日に平成27年から実施している「地域貢献人材育成入試面談会」に参加する職員のSD研修を開催し46名が出席しました。今年で3回目となる面談会は,この入試を検討している高校生が,地域を活性化したいなど地域の未来への想いを大学職員に語る対話式の面談会です。高校生に明確な目的を持って入試に向かってほしいことから実施しています。
 この面談会に参加する職員のスキルアップのため,今年度は講師に追手門学院大学入試部アサーティブ課長 志村知美氏をお迎えし開催しました。大手門学院大学では先進的な「アサーティブ入試」を導入し,志願者が増加している実績があり,出願前に面談会を実施されている当大学の手法を学ぶために企画しました。参加した職員からは,「生徒との対話に不安があったが講師から受験生として接するのではなく,人生の先輩として接することが大切であるとの助言を受け自信がついた。」と感想がありました。面談会は6月11日から島根・鳥取県下15会場で開催します。

「地域貢献人材育成入試面談会」の詳細はこちら

荒瀬教育・学生支援機構長挨拶

地域未来センター中野講師からCOCコースの教育内容を説明

志村知美講師

| | | |
Copyright (C) 2008〜 Shimane University. admission Center All rights reserved.