入試センターの取り組み
 センター活動報告 2016年5月 

地域貢献人材育成入試面談会に向けて
職員の面談スキルアップ研修を実施しました

 島根大学では,5月26日(木)に「地域貢献人材育成入試面談会」実施に向けて,面談担当者の研修会を行いました。
 この面談会は,地域貢献人材育成入試志願者を対象とし,地域に関心がある受験生や,将来地域に貢献したいと考えている受験生が大学の職員との対話を通じて,「将来地域でやりたいこと」,「どのような地域貢献を考えているのか」などの自らの思いを掘り下げ,考える機会としていただくためのものです。
 平成28年度入試から導入した地域貢献人材育成入試では,この面談会への参加を出願要件とせず,入試に直接結び付けない面談会として実施していますが,受験生の志望動機をより明確にできる場となり,参加した生徒や高校側から「将来の目的が明確になった」など,高い評価を得ました。本年度も島根・鳥取両県の会場で15回実施する予定です。
 研修会には,株式会社 Woman's 宮ア 結花 氏を講師にお招きし,41名の職員が参加しました。
 初めに面談会の趣旨や目的について確認を行い,高校生との会話の手法などについての講義を受けた後,高校生役,職員役,観察者役に分かれてロールプレイングを行いました。参加者からは「相手の思いを受け止める難しさの中にも,傾聴するコツが分かった」などと感想が述べられました。

地域貢献人材育成入試面談会の詳細はこちら

株式会社 Woman’s
宮ア 結花 氏の講演

ロールプレイングの様子
| | | |
Copyright (C) 2008〜 Shimane University. admission Center All rights reserved.