入試センターの取り組み
 センター活動報告 2012年11月 

「平成24年度高大接続シンポジウム-山陰地区からグローカルな学力と人材育成を創造する―」
を開催しました

 11月17日(土)、サンラポーむらくも(島根県松江市)で「平成24年度高大接続シンポジウム-山陰地区からグローカルな学力と人材育成を創造する―」を開催しました。

 このシンポジウムは国立大学の教育研究活動を広く社会に発信することを目的とした国立大学フェスタ2012の催しとして開催したもので、高校の先生方や大学教員・大学生など約65名にご参加いただきました。

 第1部では、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 副理事長の 樋口清司 氏にご講演いただきました。宇宙開発を題材に、従来の観点や価値観を新しい視点でとらえることの素晴らしさなど、事例を基にわかりやすくお話しいただきました。

 第2部では、グローカルな教育を創造することをテーマに、パネルディスカッションと総合討論を行いました。SSH指定に向けた取り組みを行う島根県立出雲高校や独自の教育プログラムを持つ島根大学教育学部、島根県立大学総合政策学部の取り組みなどをご紹介いただいた後、聴講者の皆様と質疑応答が行われました。グローバルな視点を持ちながらもローカルな地点に立脚した教育を導入・浸透するうえでの問題点や実施体制についての課題点、今後に期待することについてなど、会場全体で熱のこもった質疑応答・意見交換が行われ,盛会のうちに終了しました。

 

| | | |
Copyright (C) 2008〜 Shimane University. admission Center All rights reserved.